エネルギーマネジメント

Total Engineering

省エネ対策に向けたエネルギー診断、運用コンサルティング、
システムの設計など、あらゆる課題にお応えします。

電⼒会社グループならではの強みを活かしてコストを低減

施設のエネルギー消費を一貫してマネジメントするLCEM(Life Cycle Energy Management)の手法を採用。電力系会社ならではの強みを活かして、設備の性能を的確に検証し、効率的なエネルギー管理を徹底。
省エネ・省コスト・省CO2に向けた継続的な改善活動を支援します。

エネルギーマネジメント
活動サイクル

日常業務の中から汲み取ったお客さまのニーズや、設備管理上の気づき、独自のエネルギーマネジメントのノウハウをもとに、さまざまなソリューション提案はもとより、エネルギーコスト削減と環境保全対策をサポートします。

記録/分析/診断

  • エネルギー使用状況の全体把握
  • エネルギー使用データの分析・評価
  • 省エネ診断及び中長期計画書の作成
記録/分析/診断

省エネ/節電対策

  • 設備の最適運用検討、提案
  • 更新機器最適比較
  • 省エネ委員会の推進と省エネ教育のサポート
省エネ/節電対策
エネルギーマネジメント活動サイクル

効果測定/計測

  • データ分析による省エネ効果検証
  • 測定器を使用した計測データの活用
効果測定/計測

運用変更/改修

  • 設備の最適運用への変更
  • 省エネチューニングの実施
  • 省エネ効果の高い機器への更新
運用変更/改修

エネルギーマネジメント
活動への取組み

建物運用状況を的確に把握し、最適なエネルギーマネジメントを実現

建物の日々の利用状況やエネルギーデータを的確に把握・分析し、機器の劣化診断やさまざまな設備のエネルギーバランスを総合的に評価し最適な機器運用のご提案。また、最適なエネルギーシステムへの改修提案、その運用評価を行い、エネルギーコストの削減と建物資産価値の向上を実現します。

運用状況の把握
機器運転状況検証
  • 各機械の運転状況
  • 施設利用者の施設利用状況
  • 照明必要時間
  • 各設備メンテナンス状況 等

運転時間をずらすだけで削減。
電気は積み木と同じ!

運用状況の把握

基本料金を削減

劣化状況の把握
建築を含む設備劣化診断
  • 機器の初期性能と現状の比較
  • 当初設計条件と現状運用条件の比較
  • 採光状況と必要採光/ウインドとカーテン
  • 受電電力量の計測/計測機器取付(別途契約)
  • 設備改修の検討 等

夏と冬で高エネルギー機器が逆転。
全体エネルギーと主要機器の関係を考察し切替運転!

劣化状況の把握

質を図って量を削減

最適運用の評価
エネルギーバランス診断
  • 年間使用量の状況と主要機器の比較と考察
  • 年間ピーク負荷の要因の可視化
  • 施設運営状況とピーク負荷関係を検証
  • 設備更新時のエネルギー削減費用対効果 等

設備の劣化度によって稼働時間を変更。
効率のよい設備を長く運転!

最適運用の評価

季節単位の主体設備切替で最適運用し、ピーク時費用を削減